おすすめ海外ドラマの感想集めました!

「私はラブ・リーガル」を見た感想。続編を作って欲しい!

ラブコメディが苦手な方も、「私はラブリーガル」ならみられるはず!
ラブコメディでありながら、ファンタジーの要素とヒューマンドラマの要素がミックスし、そこにリーガルドラマの面白さが加わって、主人公の成長を際立たせています。
主人公のジェーンを演じる、ブルックエリオットは、もともとミュージカル女優。

ドラマの世界ではそれほどの実績はない女優でした。彼女はオーディションでジェーン役を勝ち取ります。
このタイプのドラマや主人公だと、シーズンは続かないという通説がありましたが、それを覆し、シーズン6まで続きました。

最終シーズンは、ファンタジー度が増しますが、このドラマの中で言いたかった「変わらぬ永遠の愛」は存分に伝わったのではないかと思います。
サブキャストも個性的。

1代目の守護天使は、最終シーズンまで時折登場する人気。
デビー時代のジェーンの親友ステイシーのちょっと飛んだ性格。
アシスタントのテリーは、なんだかんだ言いながら、結局いつもジェーンをサポートしたり、ジェーンにサポートしてもらったり。

こんな法律事務所はないだろう!ってつぶやきたくなるけど、ジェーンのアイディアと法律の知識で、多くの人を助け多くの人に慕われてゆきます。
毎週、ジェーンの成長を見ている側も応援したくなり、デビーを愛しながらもジェーンに惹かれていくグレイソンの葛藤も、もどかしく感じ応援しちゃう。

真実を知ったグレイソンは悩みますが、結局最後には魂で惹かれあう二人。
愛は魂でつながっていて、裏切らないということを彼らはドラマの中で証明したようなそんなストーリーです。

素敵なシーンで最終回を迎えた二人ですが、ファンとしては、その後の二人がとっても気になるところ。
いろいろ想像しちゃいます。続編を作ってほしいなと思いました。

もし自分が、死んだ後、生きている間の記憶を持ったまま第二の人生を送ることができたなら、何をするでしょう?
ひとつの人生で達成できなかった思いを、もう一度やり直したいと思うのは、すべての人の願いかもしれませんね。