読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ海外ドラマの感想集めました!

「デスパレートな妻たち」を見た感想。デス妻の世界にハマりますよ!

デスパレートな妻たち

デスパレートな妻たちは、郊外の住宅街に住む主婦たちの、ちょっと刺激的な日常を描いたドラマです。
主人公の主婦は4人いますが、みんな個性が強く共感できるところもあればイタイところもあります。

ドジで天然だけどなぜか憎めない性格のスーザン、元キャリアウーマンで言いたいことはズバズバ言うリネット、掃除も料理もプロ級の腕を持つしっかり者のブリー、元モデルでお金と買い物が大好きなガブリエル。

ドラマは彼女たちと同じ住宅街に住むメアリーが拳銃で自殺するというショッキングな事件から始まります。
メアリーの自殺の謎を追ううちに彼女だけでなく彼女の家族、住宅街の住人、そして4人の知られざる秘密が明らかになっていくのです。

このドラマの最大の見どころは、登場人物たちそれぞれが抱えるトラブルや過去がどのように明らかになるかというところです。
ある人は怪しいと感じて首を突っ込んだり、またある人は知らないうちに巻き込まれてしまい自分が疑われる立場になったり…。
見ているこちらが「えー!なんでそんなことしちゃうの?」と言いたくなるような場面もたくさんあります。

毎話ごとにいい意味で視聴者を裏切り、展開が次々に変わっていくために飽きることはありません。
きっと見ているうちに好きなキャラが出来ると思いますが、次の話ではそのキャラがとんでもないことを巻き起こす、なんてこともあるかもしれません。

みんながみんな何かを考え何かを起こそうとしています。
このドラマにはいい人というのは存在しないのかもしれません。
明るく前向きな人にも密かに抱える闇があるというのが、リアリティがあってよりこのドラマに惹かれる理由かもしれません。

登場人物はとても多いですが、主要なキャラ以外も人間味に溢れていて、でもとてもドラマティックで面白いです。
シーズン8までと少し長いですが、かなりいじわるな脚本なのでストーリーに引き込まれること間違いなしです。

ちなみに私は全話見た結果、一番好きなキャラはガブリエルでした。
人によって最後に好きになるキャラも違うと思うので、見た人と話すのも楽しいですよ。
見たらきっとあなたもデス妻の世界にハマりますよ!