読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ海外ドラマの感想集めました!

「デスパレートな妻たち」を見た感想。同じ女性として見習いたい!

デスパレートな妻たち

ある郊外の住宅地「ウィステリア通り」が舞台の4人の主婦のお話。。。
どうせ不倫とかでどろどろのお話でしょ?と思っていたらとんでもなかった。

もちろんストーリーの一部で不倫話も出てくることもあるが、それよりも自殺、殺人、交通事故、放火、立てこもり、未成年の妊娠、ハリケーンなどとにかく次々と物騒なことが起こる何とも騒がしい住宅街のお話である。

その中で4人の主要な人物、スーザン、ブリー、リネット、ガブリエルとその家族やご近所さん達との友情や成長を描いたヒューマンドラマ?だった。
前述の通りこんなに事件ばかり起きる通りに自分だったら絶対住みたくないな、と思うわけだが、画面を通して観るこのドラマは非日常なことが多々あるはずなのに、どこか自分の身近なこととして入り込んでしまい、毎話毎話目が離せなくなってしまった。

例えばスーザン、バツイチ子持ちのシングルマザーで近所に越してきたマイクに一目ぼれし、どうにか振り向いてもらうべく奮闘するわけだが、とにかくドジ。
こんな感じでも女性としても母親としても成り立つんだなと思うと余計なお世話かもしれないが勇気をもらえる。
ブリーはとにかく完璧主義。友達にはなれないタイプだなと思うが(きっと向こうも私のことをそう思うと思う)、その芯の強さといつでもレディであることを忘れないその姿は同じ女性として勉強になるし、見習いたい。

リネットは子だくさんのママ。仕事も出来るし駆け引きもうまい。
敵に回したくないタイプ。
子育てには苦労しながらもさらにタフな女性へと成長していく。
ガブリエルは元モデルという設定なだけあってこのドラマのビジュアル担当とも言って良いと思う。
強気で素直じゃないがたまに見せる弱い部分が何とも人間としての魅力を感じさせる。と主要メンバーのことを書いてみたが、書いてる最中でもウィステリア通りで起きた様々な事件や事故のことよりも彼女たちの人間模様や友情のことばかりが頭に浮かんでくる。

やっぱりこのドラマはヒューマンドラマと呼んでいいのだと思う。
最後もみんながみんな一番いい形での結末だったと私は思う。(この通りでいったい何人死んだんだ!?とツッコミを入れずにはいられなかったが。。)