読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ海外ドラマの感想集めました!

「BONES-骨は語る-」を見た感想。サスペンスも人間ドラマも手抜きなし!

エキスパートたちの事件解決への能力の高さと人間模様がとにかくおもしろい!
見る前は「骨の話?すごくグロそうだし骨だけじゃ話のネタすぐ尽きると思うんだけど。。。」と思っていたが常に人気ランキングに入ってるので試しに見てみた。

確かに死体のシーンはグロかった(日本じゃ絶対に放送されることのないほどの死体の完成度)。
でもそれがあるからこそストーリーに深みや面白さ、また各キャラクターの個性や人間性が映えてくる。

主人公のブレナン博士は有名な人類学者であり作家でもある。
骨にしか興味がなく、仕事では誰よりも能力を発揮するのだが、人の感情にはとんと鈍感である。理論的に説明できないことは苦手なのだ。
そのブレナンと仕事でパートナーを組むFBIのブース捜査官は正反対に義理人情に厚く、本能や直感も大切な要素として任務を遂行していく(もちろん捜査官としての能力は高い)。そんな正反対の2人が変死体の事件解決に挑むわけだが、もちろんぶつかり合うこともしょっちゅう。

冷静な女と人間臭い男、その相容れないやり取りが面白い。
その中でお互い認め合い自分に足りないものに気付き成長していく姿は時に自分の心もほぐしてくれる。
もう一つの見どころは個性の強すぎる周りのキャラクターたち。

ホッジンズ博士は虫と土のオタク。。

いや、スペシャリスト。死体に付着した虫や土だけで、場所や時期を特定する姿はかっこよすぎる。
他の研究所員たちと突拍子もない実験をして所長に怒られてる姿は憎めない。

アンジェラは骨からその人物の外見を復元する「復顔」作業を主に行う。
本来はアーティストであるがゆえに死体と毎日向き合ってる自分と葛藤している。

他にも個性の塊の面々が勢ぞろいしているのだが、あまりしゃべりすぎるとネタバレになってしまうのでこの辺で。
そんな個性集団だが回を追うごとにそれぞれ役割で、お互いに支え合いすごくいいチームに成長していく。
もちろんその中で恋物語もあるわけだが、安易なラブストーリーではなく、そのキャラクターの性格や過去や人間性を尊重した丁寧な作り方をしているので、見ている側としてもドラマと同じペースで感情移入しながら見ることが出来る。

サスペンスの要素も人間ドラマの要素も手抜きなし、じっくり見れるドラマ、それがBONESです。