読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ海外ドラマの感想集めました!

「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」を見た感想。最高にユーモラスな海外ドラマ!

キャッスル

有名な遊び人の推理小説作家キャッスルと真面目な敏腕女刑事ベケットの掛け合いが最高にユーモラスで楽しいです。
大都会NYで起こる事件は多種多様で、スリリングなものからちょっと笑えるようなものまであり、飽きることがありません。

そしてその事件を取り巻くのがとても個性的でおもしろい作家家族や刑事達なので、殺人事件が起こるサスペンスでありながら暗さのないコメディタッチの作品になっているのですごく見やすいです。
真面目な女刑事とチャラい作家という組み合わせが絶妙で、一見相反する人間のように見えて仲良くなれそうにないと思うのですが、頭がよく意外と息ピッタリの部分がある二人のやり取りはテンポが良く、笑わずにはいられません。
しかも、女刑事ベケットはかなりの美人。その上刑事としての腕も良く、正義感の強いかっこいい女性なので見ていて気持ちがいいのです。

そして一番のお気に入りは作家キャッスルの家族関係です。
離婚により父親と妻はおらず母親と一人娘と同居しているのですが、これまた個性の強い家族たちで外では破天荒で周りを困らせているキャッスルもたじたじなほどさらに破天荒で自由な母親と、祖母と父とは真逆の妙に真面目な優等生に育っている高校生の娘なんです。

そんな娘や母親との関係に悩み、奮闘するホームドラマな一面もあるのでほっこりした気持ちにもなれます。
アメリカっぽい愛情とユーモアたっぷりのパパと娘の関係、母と息子の関係は新鮮で本当におもしろいです。

普段は心身共に強く、気丈に振るまっているのですが実は悲しい過去を持つベケットと、それを陰ながら支える仲間達との絆には感動させられますし、シリアスな場面では涙してしまうこともあります。
笑いあり、涙あり、アクションあり、友情、恋愛ありのオールマイティなドラマだと思います。
見ていて楽しいので次から次へと一気に見てしまい、シーズンを全て見終わってしまうとちょっと寂しく感じてしまいます。

「トゥルーブラッド」を見た感想。ヴァンパイア好きの方におすすめです!

トゥルーブラッド

トゥルーブラッドは、ヴァンパイア好きの方には、お薦めの海外ドラマです。
女性が一度は夢見る、ヴァンパイアと人間のラブストーリーだからです。

小さな町の平凡なウエイトレスがヴァンパイアと恋に落ちる。
ヴァンパイアやそのほかの種族(ウルフ、シェイプシフター等)との抗争に巻き込まれていく。

そんなよくあるストーリーですが、彼女自身、特殊な能力を持ち、それが、ヴァンパイアたちの血を騒がせ、魅了して、愛の紛争へと湧きあがっていくのです。
ヴァンパイアストーリーには欠かせない、イケメンも出てきますので、女性は特に楽しめる作品だと思います。
ヴァンパイア好きには、たまらないシチュエーションが盛りだくさんです。

イケメンバンパイアや三角関係、恋のもつれが盛りだくさんです。「ターザン」の主役に抜擢された、アレクサンダー・スカルスガルドも出演しています。
長身で整った顔の彼は、重要な役を担っています。
冷酷さと優しさを合わせ持つ、難しい役割を素敵にこなしています。
彼の甘いマスクで、血を求められたら、吸われたくなるかもしれないですね。

人間役のイケメンは、ヒロイン(スーキー)のお兄さん(ジェイソン)役のライアン・クワンテンです。
高校時代からモテモテのプレイボーイで天然おバカなところがありますが、妹思いの正義感が強い正統派イケメンです。
もう一人のイケメンは、スーキーの職場、”マーロッテ”のバーを経営するサムです。
彼にも秘密はありますが、スーキーに密かに心を寄せる心優しいイケメンです。

そんなイケメン揃いで、ヒロインも羨ましい限りですが、恋のもつれは激しいです。
恋していないヴァンパイアでも、そのヴァンパイアの血を吸うと性的に魅了されてしまうのです。
そんな、ヴァンパイアと人間のドロドロ恋物語も堪能できます。

このドラマは、そういった意味では、貴方の期待を裏切らないでしょう。
ヴァンパイアストーリーに必須の戦い、血みどろシーンはありますが、ホラー映画のような気持ち悪さはないです。
きっと、ヴァンパイアは、女性陣も美しい方が多いからだと思います。

そういった意味では、男性も女性も楽しめるヴァンパイアストーリーになっていると思います。
見始めたら、止まらなくなります。何作も時間が許す限り見てしまいますので、お気を付けください。

「LOST」を見た感想。非現実的な日常を描いたサバイバル作品!

LOST

非現実的な日常をえがいたサバイバル作品。
全国的に有名で自分はミーハーではないので最初はみなかった。
だが常に人気順にするたびに上位に食い込んできている作品をみないわけにはいかないと思い、みだしてしまった。

無人島に入ってからの人と人との気持ちのすれ違いや葛藤がすごく見ているこちらも心が痛くなるようなリアル感がでており、初めて出会ったもの同士が日に日に協力、信頼できるようになっていくのが気持ちよかった。
とくにジンがすごく最初みじめで、邪魔な奴だとかんじていたし、マイケルはすごくいいやつで平和な人だとかんじていた。

だがジンが少しづつ心がひらいてきて、笑顔を見せたときのあの感動は言い表しにくいが幸せな気分になった。
印象がガラッと変わり心強いひとりの人としてみれるようになった。
どこかに行く時でもジンがいると安心できる、そんな存在でみていました。

逆にマイケルは最初の印象とはかわってしまい、子供のためなら親はなんでもするというのはわかるが、度がすぎるただの親ばかにしかみえなくなってしまった。
子供優先で自己中心的な行動をとり仲間を危険にする。
無人島ではやってはいけない行為のひとつではないだろうか。
しまいには仲間も殺してしまってもうなにしてんだよ、と声をかけたくなるくら、しょうもないやつなんだなとおもった。

だがこの海外ドラマはすごく人間の心理を把握しつくられてあると感じた。
人は心で思ってることと、行動は異なることをしていることが多いと思う。
日本人なんてすごくその色がでている。

だが無人島にいき生きるということが困難な現状におかれると、そうもいってられなくなる。
自分の制御ができなくなり、心と行動が一致しはじめるとその人の印象や行動が変わってくる。
それがすごく出ているとおもった。それにもし自分がこのような事態に遭遇したときどうするのだろうと、ジャックやジョンそして他の者たちとどうつきあっていくのだろうなど考えながら見ることができてその世界観に引き込まれるような、いい海外ドラマだった。

世界観に浸れる海外ドラマは自分は数少ないので、すごくおもしろかった。続編もばんばん出していってもらいたいと心からおもっています。

「ビッグバン・セオリー」を見た感想。オタク科学者の痛快コメディーが面白い!

ビッグバン・セオリー

見た感想はとにかくおもしろい。
天才オタク科学者4人の痛快コメディーがここまで面白いとはおもいませんでした。

出てくるキャラもそれぞれ個性的でみていて飽きない。
シェルドンとレナードの言葉に言い表せない仲の良さがいい。
シェルドンは何にかんしてもいちゃもんつけてくるが、根がまっすぐでにくめない存在である。

どのシーズンの何話かは忘れてしまったが、シェルドンがはぶかれ、ラージの家で夕食をたべるというシーンがあった。
そのときもやはり他のメンバーがシェルドンの存在がないことに違和感を感じていたように感じる。
完全にいなくてはけない存在なのだなと感じた。

正直最初は思ってなかったが見ていくにつれて、この海外ドラマのなかで一番好きなキャラ・気になるキャラになっていた。
それにこの話は現実離れしていて、非現実的な生活がみていて心地よかったのかもしれない。

自分の好きなものを研究して、家では決まったメンバーではあるが、親友たちと毎日映画やゲーム、凧揚げにペイントボール。
お金もそこそこあるように感じたし、充実した生活でおもしろそうだなという羨むきもちもわいてくるようだった。
それに忘れてはいけないのがこの海外ドラマのヒロイン、ペニーである。
すごくちょうどよいスタイルとセクシーさがあり抜群にいいキャスティングだとおもう。
田舎育ちで気が強い、自分がすこしタイプだったというのもあるのだろうか、行動費等一つがおもしろく拝見させてもらっていた。

だが一つ残念なのがシーズンを重ねるにつれて太ってきたのが残念だ。
シーズン1とシーズン6を見比べると二の腕あたりがダイナミックになっている。ように感じる。

正直やせていたほうが断然いいとおもった。
シーズン6あたりでもなると、貫禄さえでてきて、ヒロインというよりドンみたいなイメージになってきて、姉貴のような存在でキュンキュンする場面がへってきて残念だ。
それにシェルドンの美人助手のアレックスなんだがもっと深くこのメンバーにからんでほしかった。
すごい軽いかんじでいなくなってしまったので、ペニーの代役ではないがもっと出演頻度をあげてもおもしろいのではないかとおもった。
この後もシーズン7,8と出るのを期待してたのしみに待っていたいとおもいます。

「アウトランダー」を見た感想。ジェイミーの甘いマスクにメロメロです!

アウトランダー

アウトランダーは、ハマり度が高いので、海外ドラマ好きには要チェックの一作です。
特に、歴史、ロマンス、美男子好きの方には、お薦めの海外ドラマです。
過激なシーンが多く、大人向けの内容ですが、一度、見だすと止まらない作品です。

このドラマを見るかなり前に、小説を読みました。
最初は、暇つぶし程度にと思って買ったのですが、アップテンポの展開、時代を超えたロマンス、200年前にタイムスリップするという非現実的な内容の虜になりました。
単純なロマンスではなく、1945年のクレア(ヒロイン)の時代に結婚した相手が、タイムスリップした先では、敵の残忍、卑劣な男の子孫。タイムスリップした先で出会った、燃えるロマンスの相手になるのは、アリルランド人の若い戦士。違う時代とはいえ、二人の全く違う背景を持つ男の間で揺れ動くクレアの苦悩。女性なら、一度は夢見るシチュエーションかもしれません。

大ヒットした小説が映画化・ドラマ化になると、小説ファンの多くが映像の描写に落胆させられます。
ですが、このドラマでは、情景、細部に至る当時の再現、何といってもラブシーンが小説に引けをとらない程、美しく表現されています。
イギリス兵とアイルランド(ハイランダー)との闘いのシーンと事実の歴史を覆そうとする面白さは、歴史好きの方も楽しめると思います。

何と言っても、このドラマは女性ファンが多いと思います。
それは、主人公のジェイミーの容姿端麗さと誠実でストレートな愛情表現ではないでしょうか。
どの年代の女性も、彼の甘いマスクとアイルランド訛りの英語で語りかけるストレートな表現にメロメロくると思います。
ハンサムで行動力があるだけではなく、戦略家でリーダーシップがあります。
ぐいぐいと引っ張ってくれるが、甘く、激しく、優しい、クレアへの愛情表現がたまらないです。

ジェイミーとクレアの純粋で激しい愛の描写は、小説ファンも納得すると思います。
このドラマを初めて見たときに、あの大好きな小説がこんなに美しくドラマ化された!
という嬉しさに心躍りました。小説を読んだ方も、そうでない方も、楽しめる作品です。

一話見れば、その続きを見られずにはいられません。是非、見て、楽しんで下さい。

「ウォーキング・デッド」を見た感想。予想もつかない方法で倒すのがいつも楽しみ!

ウォーキング・デッド

私は、以前からゾンビの映画が好きだったのですが、ドラマは全く見たことがなく、知り合いに勧められてこのドラマを見ました。
最初は「大したことないだろう」と思って見始めたのですが、ふと気が付けば日付が変わっていた!という程、時間を忘れて見入ってしまいました。

今まで見てきたゾンビの映画は主人公が特殊能力を使えるなど、現実離れしたものが多いように思いますが、この作品はとてもリアルで、実際にゾンビの世界になってしまったらこうなってしまうんだ、と思わせられる内容です。
1話を見た時、正直「ありきたりな内容だなぁ」と思いました。
でも、何シーズンも続いている人気作品を、1話だけで面白くないと判断するのは早すぎると思い、2話3話と見続けていったのですが、それがまさに正解でした。

ゾンビの生体や登場人物の人間関係など、細かい設定が誰にでもわかりやすく描写されていたからです。
また、他の作品では銃などを使いゾンビを倒すのがほとんどですが、この作品では、銃はもちろんのこと、ナイフや鉄の棒など私たちの身近にある物を駆使してゾンビを倒すので、毎回驚きの連続です。

実際にはありえないことですが、もし世界にゾンビが現れたらこうやって倒そう!と思いました(笑)
それぞれの登場人物の過去などがしっかり描かれているので、疑問に思うシーンもありません。
途中、この話はつまらないなぁと思うシーンもありましたが、その話があってこそ次のシーンに繋がるんだ!と思えます。

作品の中で主人公と敵対する悪党が何度も出てきますが、どの悪党もリーダーの性格や目的、チームの意向が違うので見ていて全く飽きることがありません。
話が進めば進むほど、性格の悪い悪党が出てきて毎回ハラハラドキドキさせられます。
このピンチをどう乗り切るか、視聴者が予想もつかない方法で相手を倒すのがいつも楽しみで仕方ありません。
日本での放送は少し遅いので今から続きが待ち遠しいです。

「クリミナル・マインド」を見た感想。言葉で事件を解決する大人のドラマ!

クリミナル・マインド

アメリカドラマの中では病的な暗さが目立つドラマでした。
異常性のある殺人事件を犯人逮捕ために地道にプロファイルを進める感じで映像的にも直感的に感じることが多いです。

プロファイルを進めながらも、平行的に事件が続いている為に観ている法はかなりストレスがたまりそうです。
事件の犯人らしい人がいて、その人が違うと知ったときの緊張感が高まったりするのがよくあります。
残忍だった怖い感じのあるドラマの中には、殺人事件を起こしてしまった。

病的気質の犯人側の心理を描いていることもあり、中には哀しい人間の業を感じるエピソードが逢ったりして、良く泣く確率の高いドラマです。
キャラクター設定もかなり愛すべき人達が多くて残忍なシリアルキラーで凄惨な事件のもののドラマと相対するのがやはりこのプロファイラーのメンバーですね。
冷静的なプロファイラーのそれぞれの人と人とのつながりが深く互いに信頼してるのが分かっているのはうれしいですね。
末っ子的なリードをいじるモーガンとのじゃれ合いに、それから冷静沈着でリーダー的な存在のホッチナーと彼と同じように心理分析としての権威を持っているロッシーに姉御肌のプレンティスに優しい感じのJJそれから、私のお気に入りのキャラクターはガルシアですね。
彼女は狭い部屋でPCを使ってプロファイルの裏付けの書類を作成して、犯人を特定するために彼女の力がとても必用な存在です。
そして、とても仲の良いガルシアとモーガンの二人。まるで恋人、いや兄と妹の関係という感じで二人の会話を聴くのが楽しみでこのドラマを楽しく観ていました。

不気味な感じの多い事件に、それから犯人が残酷な事件を起きていてもそれでもプロファイラーをして事件活躍している彼らの姿を派手なアクションはなく言葉で事件を解決する大人のドラマではないのかと思います。

このドラマの最初のシーンと最後のシーンは有名な哲学的な言葉を出演者の言葉で語られていることが多く、それも魅力だと感じます。